超新星残骸「はくちょう座ループ」の一部分

「ハッブル」宇宙望遠鏡が撮影した「はくちょう座ループ」の一部分(Credit: ESA/Hubble & NASA, W. Blair)

こちらの画像に漂うのは「はくちょう座」の方向およそ2400光年先にある超新星残骸「はくちょう座ループ(英:Cygnus Loop)」のごく一部です。オレンジ色は水素、水色は酸素の分布を示しています。スマートフォンの壁紙一覧で見かけるCGのようでもありますが、本物の天体を撮影したものです。

はくちょう座ループは、今から1万~2万年前に太陽の20倍ほどの質量があった恒星が超新星爆発を起こした後の残骸だと考えられています。画像は超新星残骸の外縁部分を示す衝撃波を捉えたもので、ベールのような構造は爆発で放出された物質が星間物質と衝突し、相互作用することで形作られるといいます。

はくちょう座ループの見かけの大きさは満月45個分

はくちょう座ループの外縁は毎秒約350kmの速度で拡大し続けており、残骸は中心から60光年ほどの範囲にまで広がっているとされています。地球から見たはくちょう座ループは満月45個分ほどの領域に広がっていて、文末に示した全体像はアメリカのキットピーク国立天文台で撮影された9つの画像をつなぎ合わせることで作成されています。

サイズが巨大であるが故に、左側の一部は「NGC 6992」「IC 1340」、右側の一部は「NGC 6960(魔女のほうき星雲)」「ピッカリングの三角形」といったように、はくちょう座ループの各部分は個別の星雲としても名前が付けられています。また、はくちょう座ループ全体では網状星雲(英:Veil Nebula)」とも呼ばれています。

冒頭の画像は「ハッブル」宇宙望遠鏡に搭載されていた「広域惑星カメラ2(WFPC2)」によって撮影されたもので、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の一枚」として2020年8月24日付でピックアップされています。

はくちょう座ループの全体像

はくちょう座ループの全体像。冒頭の画像は左上のごく一部をクローズアップ撮影したものになる(Credit: T.A. Rector (University of Alaska Anchorage) and WIYN/NOAO/AURA/NSF )

 

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, W. Blair
Source: ESA/Hubble / NOAO
文/松村武宏

 オススメ関連記事