M87の中心にある超大質量ブラックホールの想像図(Credit: NASA/CXC/M.Weiss)

昨年2019年4月、楕円銀河「M87」の中心にある超大質量ブラックホールが直接撮像されたことが発表され話題を呼びました。このブラックホールからはジェットが噴出していることが知られていますが、その速度が最大で光速の99%を上回っているとする研究成果が発表されました。

■見かけの速度が光速を超える「超光速運動」を起こすジェット

チャンドラによってX線で撮影された噴出するジェット(背景)。右下の挿入画像は背景に描かれた四角い範囲を拡大したもので、それぞれ2012年と2017年に撮影されている(Credit: NASA/CXC/SAO/B.Snios et al.)

おとめ座の方向およそ5500万光年先にあるM87の中心には太陽の65億倍というとてつもない質量を持った超大質量ブラックホールが存在しており、国際協力プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」によって直接撮像された初のブラックホールとして知られています。

今回、Ralph Kraft氏(ハーバード・スミソニアン天体物理学センター)らの研究チームはM87の超大質量ブラックホールが噴出するジェットの速度を調べるために、NASAのX線観測衛星「チャンドラ」によって撮影された2012年と2017年の観測データを比較しました。

M87のジェットは地球の方向に近い角度で噴出されていることから、見かけの速度が光速を上回る「超光速運動」という現象を起こしています。研究チームによると、ジェットのなかでも超大質量ブラックホールに近い部分(ブラックホールからおよそ900光年ほどの範囲)にみられるX線を放つ2つの塊を観測すると、それぞれ光速の6.3倍と2.4倍で動いているように見えるといいます。

 オススメ関連記事