1213geminids

三大流星群の1つで毎年12月中旬頃に見られる「ふたご座流星群」の季節が今年もやってきました!

2019年の「ふたご座流星群」は12月14〜15日が見頃で、極大となるのは15日の午前4時頃となることが予測されています。また、気象庁発表の天気予報によると、北海道と東北地方の一部を除き天候は安定している様子。お住まいの地域がどの様な天候になるのか気になる方は予め天気予報をチェックしておきましょう。

この期間、流星が見え始めるのは午後8時頃から。一番多く見られるのは真夜で、明け方の5時頃まで期待することができます。今年の「ふたご座流星群」の放射点は月の近くですが、放射点近くだけで見られるものではないので、月を直視しないよう夜空全体を見渡すことが大事です。

ただし、過度な期待はせずに気楽に夜空を眺める心構えが大事です。また、夜中は冷え込みますので「寒さ対策をしっかりする」「体調を整えておく」など万全の装備を心掛けてください。そしてスマホなど撮影機器を利用する方は、マナーを守ってトラブルを起こさぬよう気をつけてくださいね。

Source: 国立天文台

 オススメ関連記事