-PR-

宇宙に漂うこの靄の様な天体は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた超新星残骸「カシオペヤ座A(Cassiopeia A)」の姿です。

カシオペヤ座Aは地球から約1万1000光年離れており、我々の天の川銀河の中で発生した非常に若い超新星残骸であり、全天の中でも最も強い電波源の天体の一つとしても知られています。

-PR-

ハッブルの掃天観測用高性能カメラ「ACS」を用いて、可視光と2種の赤外線フィルターによって撮影されたこの画像は、爆発により飛散した残骸の複雑な構造を捉えています。

なお、この「カシオペヤ座A」の超高解像度の写真はハッブルの公式サイト(spacetelescope.org)にて160MBを超えるTIFF形式で公開されており、細かい部分まで拡大して見ることが可能です。興味のある方は是非、参考にしてみてください。

▲超新星残骸の一部を拡大切り取りした画像

カシオペヤ座Aは、1680年に発見された超新星(SuperNova)として「SN 1680」とも呼ばれています。

 

Source

  • Image Credit: NASA, ESA, and the Hubble Heritage (STScI/AURA)-ESA/Hubble Collaboration. Acknowledgement: Robert A. Fesen (Dartmouth College, USA) and James Long (ESA/Hubble)
  • Cassiopeia A - The colourful aftermath of a violent stellar death

文/sorae編集部

-ads-

-ads-