Advertisements

20160421nen1
 
人の身長の何倍あるんでしょうか? 上のとにかく巨大な世界最大の商用機エンジン「GE9X」の初始動が、オハイオ州の試験施設にて行なわれました。このエンジンを開発したのはGE・アビエーション。今後、GE9Xは実際の飛行機への搭載に向けてエンジンの総合性能やエアロダイナミクスなど、さまざまな項目がテストされる予定です。
 
GE9Xのファンの直径は11フィート(3.35メートル)。これは、現在ヨーロッパ便などに就航しているボーイング777 300ERに搭載された「GE90」の3.25メートルを上回るものです。そして、GE9Xの推進力は10万lbf(重力ポンド)にも達します。なんでもこのエンジンのテストのために試験施設がアップグレードされたというのですから、GE9Xがいかに規格外なエンジンなのかがわかりますね!
 

 
GE9Xは次世代機の「ボーイング777X」への搭載が予定されています。内部には16枚の第4世代カーボンファイバー製ファンを搭載し、空気を11段階で27:1まで圧縮することができます。またセラミックス製複合素材を採用することで、熱に強く全体重量も抑えられています。
 

Advertisements

20160421nen2
 
GE9Xは2018年に飛行テストが行なわれ、2020年頃に運用が始まる予定です。日本の航空会社も導入するボーイング777XとこのGE9Xの組み合わせ…その乗り心地をぜひ試してみたいものですね!
 
Image Credit: GE Aviation
■World's largest commercial aircraft engine fired up for the first time
http://www.gizmag.com/ge9x-largest-engine-testing/42880/

Twitterでフォローしよう