-PR-

-PR-

151224nmrj
納入延期が決まった国産ジェット「MRJ」
 
三菱航空機と三菱重工業は2015年12月24日、次世代リージョナルジェット機「MRJ」納入を2018年第2四半期(4月~6月)に延期すると発表しました。以前(関連記事)よりMRJの納入の延期は明らかにされていましたが、今回その延期幅が正式に決まったことになります。
 
両社の発表によると、MRJは機体の基本特性は良好なものの「開発を加速する中いくつかの課題を確認」したとのこと。今後は米国知見者と共同で、より完成度の高い機体の開発をすすめるとしています。前回の延期報道では一部で「主翼の強度不足」が囁かれましたが、今回の発表ではその点についての言及はありませんでした。
 
MRJは初となる国産ジェット旅客機で、日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)を含め世界から400機を超える注文を受けています。すでに今年11月には初飛行を成功させているものの、今後は2500時間の飛行試験を終わらせ、さらに型式証明を取得取得する必要があります。
 
今回の納入延期は世界の航空会社、特に近日中の保有機体のリプレイスを期待し、2017年のMRJ導入を計画していたANAへの影響が大きそうです。ライバルとなるブラジルのエンブラル社も2018年に新型旅客機をローンチ予定となっており、「MRJの2018年の納入開始」は絶対に遅らせることのできないラインになりそうです。
 
Image Credit: 三菱航空機
■MRJ開発状況について
http://www.mrj-japan.com/j/news/news_151224.html

-ads-

-ads-