JAXA、「きぼう」から超小型衛星放出 ナイロビ大学「1KUNS-PF」

スペシャリスト:


 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年5月11日、日本実験棟「きぼう」からナイロビ大学の超小型衛星「1KUNS-PF」を放出したと発表しました。
 
この超小型衛星(キューブサット)は、発展途上国などに宇宙開発の機会を提供する「第1回KiboCUBE」にて選出されたもので、またケニア共和国初の衛星となります。さらに将来的には、自国の地球観測衛星の開発技術にも応用したいとしています。
 
なおKiboCUBEでは今年3月に第3回公募を締め切り、夏頃に選定を行う予定です。
 
Image Credit:JAXA
■JAXAと国連宇宙部との連携協力(KiboCUBE)に基づく第1回選定のナイロビ大学衛星の「きぼう」からの放出について
http://www.jaxa.jp/press/2018/05/20180511_1kuns-pf_j.html
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報