JAL、国内線仕様の「ボーイング787-8」導入へ 羽田ー伊丹線中心に4機を2019年から

20170921njal
 
JAL(日本航空)
は2017年9月21日、国内線仕様の「ボーイング787-8型機」を導入すると発表しました。導入機数は4機で、時期は2019年からとなります。
 
JALは現在国際線にボーイング787-8を25機、ボーイング787-9を9機導入しています。新型のボーイング787シリーズはLED照明や電子シェードなどの機内設備が充実しているだけでなく、低騒音だというメリットも。国内線向けの機材としてもぴったりです。
 
今後、JALのボーイング787-8は東京(羽田)ー大阪(伊丹)線を中心大阪国際空港(伊丹)発着路線への導入が予定されています。近い将来は国内の出張でも、JALのボーイング787−8を利用する機会がありそうですね。
 
Image Credit: JAL
■国内線仕様のボーイング787-8型機を導入します
http://press.jal.co.jp/ja/release/201709/004425.html

関連記事

ページ上部へ戻る