全米各地で皆既日食を観測 ダイヤモンドリングやコロナもバッチリ


 
2017年8月21日の午後(現地時間)、アメリカを横断するように皆既日食が発生しました。上の画像は、オレゴン州のマドラスで撮影されたもの。月の凸凹によって一瞬太陽光が輝く「ダイヤモンドリング」やコロナがはっきり見えますね。
 
アメリカでは1979年以来となる皆既日食。オレゴン州は、今回の皆既日食がアメリカで最初に観測できた州です。そして幅約113キロの皆既日食が観測できる帯は、太陽の(地球の)移動とともに南西の州へと移動していったのです。また、アメリカ全土を横断する皆既日食の発生は1918年ぶりとなります。
 
このようにアメリカを賑わせた皆既日食ですが、日本でも18年後となる2035年9月2日に皆既日食が発生します。まだまだ先の話にはなりますが、日本での皆既日食も楽しみにしたいですね。
 
Image Credit: NASA/Aubrey Gemignani
■Wow! See Totality from the 2017 Great American Solar Eclipse (Videos)
https://www.space.com/37888-first-totality-video-of-2017-total-solar-eclipse.html

関連記事

ページ上部へ戻る