世界最大のお尻っぽい飛行船「Airlander 10」 修理完了しテスト飛行へ

20170213nair
 
そのあまりにも大きな図体だけでなく、ダイナミックなクラッシュでも話題をさらってしまった世界最大の飛行船こと「Airlander 10」。Hybrid Air Vehicles社が開発を進めるこの飛行船ですが、このたび修理が完了し今後のテスト飛行へと進むことが明らかになりました。
 
全長92メートル、幅44メートル、高さ26メートルにも達するAirlander 10は、4つのディーゼルエンジンを搭載した「ハイブリッド飛行船」に相当します。昨年8月には初飛行に成功したものの、同月には電柱に引っかかって墜落してしまっていたのです。
 
前回の墜落で破損したフライトデッキは、すでに修理が完了しています。今後は機体のテストを行った後、年内にも再飛行が予定されているのです。また事故の原因も「完全に解明されている」とのことで、次回は無事にイギリスの空にAirlander 10が浮上するのを楽しみに待ちたいものです。
 
Image Credit: Hybrid Air Vehicles
■HAV AirLander 10 repaired to continue final flight test programme
http://www.indialivetoday.com/hav-airlander-10-repaired-continue-final-flight-test-programme/119079.html
■Airlander 10: World’s largest aircraft repaired and ready to fly again [Update]
https://arstechnica.co.uk/business/2017/02/airlander-10-largest-aircraft-airship-details-test-flight/

関連記事

ページ上部へ戻る