KDDI、「ドローン基地局」による通信手段確保の実証実験に成功

 

プエルトリコのハリケーン災害でAT&Tのドローンが派遣されたように、ドローンには災害時の携帯電話の基地局としての役割も期待されています。そんな中、KDDIは同じく災害時を想定した「ドローン基地局」による通信手段確保の実証実験に成功したと発表しました。これは、国内通信事業者では初となるそうです。

 

この実験は、携帯電話サービスが利用できないエリアの一時的な復旧を目指しています。実証実験は鹿児島県熊手郡屋久島町で2017年12月14日におこなわれ、ドローンには簡易版の携帯電話基地局システム(無線設備・モバイルコア設備)を搭載。システムは小型化・軽量化(約3kg)されています。

 

これまでも車載型基地局車による一時的な基地局の設置は想定されていたものの、崩落などで車両が現地へと到着できない事態も想定されます。その場合にも小型で空を飛ぶドローンなら、迅速にサービスの復旧ができるのです。またサービス提供だけでなく、端末台数の把握や情報の一斉配信もテストされています。

 

KDDIは今後、ドローンによる携帯電話基地局の実用化に向けて、各地で実証実験を実施するとしています。起きては欲しくありませんが、近い将来、災害時には現地をドローンが飛び交うことになるのかもしれません。

 

Image Credit: KDDI
■災害対応向け「ドローン基地局」を活用した通信手段確保の実証実験に成功
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/12/14/2855.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る