Angara1.2PP
Image Credit: Ministry of Defence of the Russian Federation
 インターナショナル・ローンチ・サーヴィシズ(ILS)社は7月16日、ロシアの最新鋭ロケット「アンガラ1.2」を、人工衛星の商業打ち上げ市場に投入すると発表した。すでに販売は始まっており、2017年から打ち上げられるという。
 アンガラはロシアのフルーニチェフ社が開発したロケットで、第1段機体を複数束ねて装着することで打ち上げ能力を増やすことができ、小型ロケットから超大型ロケットまで自由に組み替えられるという特長をもつ。これにより、さまざまな人工衛星の打ち上げに対応することが可能となっている。
 アンガラはこれまでに2機の試験打ち上げに成功している。1号機は小型ロケットの構成をした「アンガラ1.2」で、2014年7月9日に衛星を軌道には乗せない弾道飛行に成功、また2014年12月23日には、大型ロケット構成の「アンガラA5」が、衛星の静止軌道へ直接投入に成功している。
 今回販売が開始されたのはアンガラ1.2で、地球低軌道に約3.5トン、太陽同期軌道に約2.4トンの打ち上げ能力をもつ。ILS社は現在、大型ロケットのプロトンMを販売しており、ここにアンガラ1.2が加わることで、地球低軌道への小型、中型衛星の打ち上げから、静止軌道への大型衛星の打ち上げまで、幅広く対応することが可能となる。
 ILS社のPhil Slack社長は「アンガラは小型、中型ロケットの市場で利用可能です。また、今現在運用している大型のプロトンMロケットと組み合わせることで、私たちはすべての高度、軌道傾斜角の軌道に向けて、人工衛星を打ち上げることが可能となります」と述べた。
 アンガラ1.2の市場における直接的なライヴァルは、アリアンスペース社が販売している「ヴェガ」ロケットとなる。Slack社長は発表文の中で「アンガラ1.2はヴェガや他の小型ロケットよりも高い性能を持ち、より安価です」と述べている。
 アンガラー1.2の打ち上げは、ロシア北部にあるプレセーツク宇宙基地から行われる。また、現在ロシアが極東部に建設中のヴァストーチュヌィ宇宙基地が完成すれば、アンガラA5による静止トランスファー軌道、もしくは静止軌道への打ち上げも販売可能になるという。こちらは2021年ごろを見越しているという。
■ILS | Angara | Commercial Launch | International Launch Services
http://www.ilslaunch.com/newsroom/news-releases/angara-12-launch-vehicle-enters-commercial-market

 オススメ関連記事