Soyuz TMA-17M arrives at ISS
Image Credit: NASA
 油井亀美也さんら、3人の宇宙飛行士を乗せた「ソユーズTMA-17M」宇宙船が、7月23日11時45分(日本時間)、国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。これによりISSは6人体制での運用が始まり、油井さんら第44/45次長期滞在員はこれから、今年12月までの約5か月間、ISSに滞在する予定となっている。
 ソユーズTMA-17M宇宙船は、カザフスタン時間2015年7月23日3時2分45秒(日本時間2015年7月23日6時2分45秒)に、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地から、ソユーズFGロケットに搭載されて打ち上げられた。
 ロケットは順調に飛行し、打ち上げから約9分後、予定通りの軌道で宇宙船を分離した。その直後、ソユーズ宇宙船の左右にある太陽電池パドルのうち、左舷側のパドルが開かないという問題が発生したが、ロシア連邦宇宙庁によると宇宙船内の内部電池の充電と、もう片方の太陽電池による発電もあるため支障はないとし、当初の予定通りに飛行を続けた。
 そして打ち上げから約6時間後の、日本時間7月23日11時45分に、ISSの「ラスヴェート」モジュールにあるドッキング・ポートに、無事ドッキングした。
 なお、閉じたままだった太陽電池パドルは、ドッキング時に開いたという。おそらくドッキング時の衝撃が原因で開いたものと思われる。なお、2014年9月に、今回と同様の問題に見舞われたソユーズTMA-14M宇宙船も、やはりISSとのドッキング時に、おそらく衝撃が原因によって開いている。
 このあと、ソユーズとISSとの間で空気の漏れがないかなどの確認が行われた後、このあと日本時間の13時25分ごろに、ソユーズのハッチが開かれ、油井飛行士らがISSに入室する予定となっている。
 ソユーズTMA-17Mには、オレッグ・コノネンコ宇宙飛行士(露宇宙庁、ソユーズのコマンダー)、油井亀美也宇宙飛行士(JAXA、フライト・エンジニア)、チェル・リングリン宇宙飛行士(NASA、フライト・エンジニア)の3人が搭乗している。コノネンコ飛行士らは第44/45次長期滞在員として、今年12月までの約5か月間、ISSに滞在する予定となっている。
 現在ISSには、ゲナディ・パダルカ宇宙飛行士(露宇宙庁)、スコット・ケリー宇宙飛行士(NASA)、ミカエル・コニエンコ宇宙飛行士(露宇宙庁)の3人が滞在しており、ここにコノネンコ飛行士らが合流することで、ISSは6人体制での運用となる。
写真=NASA。
■РОСКОСМОС: ПИЛОТИРУЕМЫЙ КОРАБЛЬ «СОЮЗ ТМА-17М» УСПЕШНО ПРИСТЫКОВАЛСЯ К МКС
http://www.federalspace.ru/21605/

 オススメ関連記事