Falcon 9
Image credit: NASA
 6月28日に打ち上げに失敗した「ファルコン9」ロケットについて、ロケットを開発したスペースX社のイーロン・マスクCEOは7月6日、自身のTwitterにおいて、まもなく予備的な調査結果を発表できると明らかにした。
「先日の打ち上げ失敗について、今週の終わりまでに予備的な結論に達することを予定している。それらは主要な顧客と米連邦航空局(FAA)に伝えた後、我が社のウェブサイトにも掲載する」(マスク氏のTwitterより)。
 ファルコン9は米東部夏時間2015年6月28日10時21分(日本時間2015年6月28日23時21分)、フロリダ州にあるケープ・カナヴェラル空軍基地から打ち上げられた。しかし離昇から2分19秒(139秒)後、高度約40kmを秒速約1kmで飛行中に、何らかの問題が起きて機体が分解し、打ち上げは失敗した。
 現在、スペースX社や米航空宇宙局(NASA)、米連邦航空局(FAA)などが事故の調査に当たっている。現時点では、事故の直前に、ロケットの第2段液体酸素タンクの圧力が過剰に上昇していたことを示すデータがあることが明らかにされているのみで、それ以上の情報はなく、またマスク氏は6月29日に、調査が難航している様子をTwitterで吐露していた。
 今回の打ち上げはファルコン9にとっては19機目、また現行型であるファルコン9 v1.1にとっては14機目であり、打ち上げ失敗は初めてのことだった。
 ファルコン9には、無人補給船の「ドラゴン」運用7号機が搭載されていた。ドラゴン補給船の打ち上げは9機目であり、やはり失敗は初めてのことであった。その船内には水や食料品のほか、ISSでの実験に使う機器や、超小型衛星、将来の宇宙船のドッキングに備えた新型ドッキング機構なども搭載されていたが、今回の失敗によってすべて失われることになった。
 ISSには現在も3人の宇宙飛行士が滞在しているが、7月5日にはロシアの「プログレスM-28M」補給船が到着し、物資を補給を行ったことで当面は問題なく運用できる見込みだ。また8月16日には、日本の補給機「こうのとり」5号機の打ち上げも予定されている。
 7月23日には、JAXAの油井亀美也宇宙飛行士らが搭乗する「ソユーズTMA-17M」宇宙船の打ち上げも予定されているが、今回の事故による計画変更などの影響はないとしている。
写真=NASA。
■Elon MuskさんはTwitterを使っています: “Expect to reach preliminary conclusions regarding last flight by end of week. Will brief key customers & FAA, then post on our website.”
https://twitter.com/elonmusk/status/617851905969127425

 オススメ関連記事