新型気象衛星「ひまわり8号」、きょう7日から本運用を開始 観測性能が大幅アップ

Himawari-8
Image credit: 気象庁
 気象庁は7月7日、新型の静止気象衛星「ひまわり8号」の本格的な運用を開始したと発表した。これまで活躍していた「ひまわり7号」に代わり、アジア・太平洋地域の天気や地球環境の観測を担う。
 運用が開始されたのは7日の11時からで、すでに気象庁のウェブ・サイトで、「ひまわり8号」からの画像を見ることができるようになっている。
「ひまわり8号」は2014年10月7日に、H-IIAロケットに搭載され、種子島宇宙センターから打ち上げられた。その後衛星は約10日間をかけて、観測拠点となる東経140度の軌道に移動し、観測機器や地上との連携などの試験を行い、観測開始に向けた準備を進めていた。そして問題なく観測できることが確認されたたね、7月7日の11時をもって、「ひまわり7号」から運用をバトンタッチした。
「ひまわり8号」は「ひまわり6号」(2005年打ち上げ)、「ひまわり7号」(2006年打ち上げ)の後継機となる衛星で、性能が大幅に向上している。
 最大の特徴は、世界最先端の能力を持つ可視赤外放射計「AHI(Advanced Himawari Imager)」が搭載されている点だ。これは「ひまわり6号」、「同7号」に搭載されている可視赤外放射計と比べて非常に高性能で、より詳しく雲の様子を観測することが可能となっている。
 AHIは米国のエクセリス(Exelis)社で製造されたもので、それを輸入し、「ひまわり8号」に搭載された。同社は、米国の次期静止気象衛星「GOES-R」シリーズ(2016年以降打ち上げ予定)に搭載予定の可視赤外放射計「ABI(Advanced Baseline Imager)」の製造も行っており、AHIとABIとは、ほぼ同等の機能を持っているという。
 このAHIの搭載により、「ひまわり8号」は、6号、7号から大きく3つの点で進化を遂げている。
 まず、画像の解像度が約2倍になったことだ。6号、7号では可視域の分解能が1km、赤外域で4kmだったが、8号では可視域が0.5km、赤外域が2kmにまで向上した。
 そして観測できる種別(チャンネル)が約3倍に増えた。6号、7号では可視域では1チャンネルの、それも白黒画像しか撮影できず、赤外域も4チャンネルだったが、8号では可視域が3チャンネルに増え、カラー画像が撮影できるようになり、赤外域も13チャンネルまで増えている。
 そして、6号、7号では約30分かかっていた衛星から見える全範囲の観測を、8号では10分ごとにまで短縮でき、さらに地域を限定すれば、2.5分ごとの観測も可能となっている。
 これらの進化によって、雲の移動や発達の様子をこれまでよりも詳しく観測できるようになり、また火山灰の分布も詳しく把握できるようになるという。さらに、風や気温などの時間変化をコンピューターで計算して将来の大気の状態を予測する数値予報でも、「ひまわり8号」で得られたデータは大いに役立つという。
「ひまわり8号」の製造は三菱電機が担当した。打ち上げ時の質量は約3500kgで、東経約140度の静止軌道で運用される。設計寿命は観測機器が8年以上、衛星本体は15年以上と見込まれている。運用は気象庁が担当するが、衛星からのデータを受信したりといった実際の管制業務は、新たに設立された気象衛星ひまわり運用事業株式会社(HOPE)が担当する。これは運用コストの削減を目指して、民間に事業を委託するPFI(Private Finance Initiative)が採られたためだ。
 なお、「ひまわり7号」は今後、8号のバックアップとして、万が一8号が故障したりした場合に備えて待機する。一方、これまで7号のバックアップに就いていた「ひまわり6号」は、2015年中に運用を終える予定だ。
 また2016年度には「ひまわり8号」の同型機である「ひまわり9号」の打ち上げが予定されており、打ち上げ後は8号のバックアップとして、7号と代わり待機することになっている。そして2022年からは立場が入れ替わり、9号がメイン、8号がバックアップとなる予定だ。
「ひまわり8号」と「ひまわり9号」は、気象庁単独の資金で開発される初の衛星となる。「ひまわり」の1号と2号機は科学技術試験衛星、また3号機から5号は科学技術衛星という扱いだったため、科学技術庁が費用のすべて、もしくはかなりの額を負担していた。また6号と7号は航空保安システム機器を搭載した運輸多目的衛星だったため、国土交通省航空局が約70%を負担していた。
 8号、9号でも、運輸多目的衛星のように、他ミッションとの複合衛星にすることが検討されたが、相手が見つからなかった。しかしその一方で6号と7号の寿命が近づきつつあったこともあり、最終的に気象庁が全額負担して開発されることとなった。
 8号と9号の打ち上げは約2年ほど間隔が開くことになるが、その間のバックアップは7号が務めることになっている。ただし7号は2006年に打ち上げられ、設計寿命は10年であることから、2016年初頭にもその寿命を迎えることになる。7号から9号へ、無事バックアップ任務が引き継げるかは今後の課題だ。
 気象庁では「『ひまわり7号』がバックアップとしてしっかりしている間に『ひまわり9号』をきちんと打ち上げ、さらに静止気象衛星観測の継続を磐石にすることが重要だ」としている。
■気象庁 Japan Meteorological Agency
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

ページ上部へ戻る