Falcon 9/Dragon CRS-7 launch
Image credit: NASA
 米国時間6月28日に起きた、ファルコン9ロケットの打ち上げ失敗事故について、ロケットを開発したスペースX社のイーロン・マスクCEOは29日、調査は続けているものの、未だ原因が特定できていないと明らかにした。
 マスク氏は自身のTwitterに「多くの技術者が、述べ数千時間にもわたって調べているが、原因は未だ不明だ。これからバイナリ・エディタを使い、事故が起こる直前数ミリ秒のデータの復元を行う」と述べ、原因の究明が難航している様子を語った。
 ファルコン9は米東部夏時間2015年6月28日10時21分(日本時間2015年6月28日23時21分)、フロリダ州にあるケープ・カナヴェラル空軍基地から打ち上げられた。しかし離昇から2分19秒(139秒)後、高度約40kmを秒速約1kmで飛行中に、何らかの問題が起き、機体は破壊された。
 事故から約1時間後には、マスク氏はTwitterで、ロケットから送られたデータから、事故の直前に第2段の液体酸素タンクの圧力が過剰に上昇していたことがわかったと発言している。
 ファルコン9には、無人補給船の「ドラゴン」運用7号機が搭載されており、その船内には水や食料品のほか、ISSでの実験に使う機器や、超小型衛星、将来の宇宙船のドッキングに備えた新型ドッキング機構なども搭載されていたが、今回の失敗により、すべて失われることになった。
 ISSには現在も3人の宇宙飛行士が滞在しているが、米航空宇宙局(NASA)によると、現時点である物資だけでも、10月までは通常通り運用することができるとし、ただちに影響はないと発表している。また7月3日にはロシアの「プログレスM-28M」補給船が、8月16日には日本の補給機「こうのとり」5号機の打ち上げも予定されており、水や食料、酸素などについては随時、補給されることになる。
 また7月23日には、JAXAの油井亀美也宇宙飛行士らが搭乗する「ソユーズTMA-17M」宇宙船の打ち上げも予定されているが、今回の事故による計画変更などの影響はないとしている。
写真=NASA。
■Elon MuskさんはTwitterを使っています: “Cause still unknown after several thousand engineering-hours of review. Now parsing data with a hex editor to recover final milliseconds.”
https://twitter.com/elonmusk/status/615431934345216001

 オススメ関連記事