TKSC Space Dome renewal
Image credit: JAXA(画像は想像図であり、実際の展示とは異なります)
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城県つくば市)にある展示館「スペースドーム」が、展示物を入れ替え、6月23日にリニューアル・オープンする。
 スペースドームは2010年7月17日に開館した展示館で、日本の宇宙開発を進めてきたJAXAの歩みと、取り組みの現状が分野ごとに紹介されている。実物のロケット・エンジンをはじめ、人工衛星や宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)の試験モデルなど、数多くの展示物が公開されており、年間30万人以上が来場し、開館3年半後の2014年1月には見学者数が100万人を突破するなど、高い人気を持つ。
 今回のリニューアルでは、大きな目玉として、国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟の実物大モデルが新しくなる。この新しい「きぼう」モデルは、昨年開催された『宇宙博2014』で展示されていたもので、今までのモデルより、大きさ、内装とも実物さながらで、よりリアルな「きぼう」の姿を体感できるという。
 また、入り口近くの巨大地球儀の近くには、「人工衛星はどこを飛んでいて、何をしているのか」、「ロケットは打上げ後、どこに向かうのか」といった、ロケットや衛星の宇宙空間での動きがリアルにイメージできる、床面大型映像「オービタルビジョン」が新設される。
 さらに、人工衛星の展示エリアも一新され、新たに「だいち2号」などの展示や、これまでの衛星の歴史とこれからの挑戦を紹介する展示が追加される。
 リニューアル・オープンは6月23日の10時の予定。展示館見学の事前申し込みは必要なく、自由に見学できる。休館日は月曜日(祝日、夏休みなどの月曜日は開館)、施設点検日、年末年始(12/29~1/3)で、開館時間は10時から17時までとなっている。
(アクセス情報などは以下のURLをご参照ください)
■筑波宇宙センター | ファン!ファン!JAXA!
http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/index.html

 オススメ関連記事