Proton-M launches Mexsat-1


Image credit: Roskosmos
 ロシア連邦宇宙庁(ロスコスモス)は5月29日、16日に発生した「プロトンM」ロケットの打ち上げ失敗について、原因は設計上の欠陥にあったと発表した。また問題箇所を改修した上で、来月にも打ち上げ日を発表したいとしている。
 この失敗は5月16日に発生したもので、メキシコの通信衛星「メクスサット」を搭載したプロトンMが、第3段ロケット・エンジンの燃焼中に問題を起こし、そのまま地球へ向かって落下した。ロケットや衛星の機体は大気圏で燃え尽きたと思われ、地上への被害は報告されていない。
 ロスコスモスの発表によると、問題はロケットの第3段に装着されている、「RD-0214」というステアリング・エンジンで起きたという。プロトンMの第3段ロケット・エンジン「RD-0212」は、大きな推力で速度を稼ぐメイン・エンジン「RD-0213」と、ロケットの姿勢を制御するステアリング・エンジン「RD-0214」の2種類のエンジンから構成されている。RD-0214は4基のノズルを持ち、RD-0213の周囲に装備されている。
 今回の失敗では、まずタンクからRD-0214に推進剤を送り込むためのターボ・ポンプのローター・シャフトが高温中で壊れ、それにより回転のバランスが崩れて大きな振動が発生し、異常を検知したロケットが第3段エンジンを停止させたとされる。その時点ではロケットはまだ軌道速度に達していないため、エンジンが止まったロケットはそのまま墜落した。
 ロスコスモスによると、ある一定の条件でローター・シャフトが壊れやすい傾向があったとし、「設計上の欠陥」であると結論付けている。これを受け、「ターボ・ポンプのローター・シャフトの素材を変更」、「ターボ・ポンプのローターのバランスを改良」、「RD-0214とRD-0213との結合方法を改良」という3つの対策を採るとしている。ロスコスモスのイーガリ・カマローフ長官は「これらの対策に大してお金はかからない」と語っている。
 またタス通信などによると、過去の打ち上げでも2回、今回と同じ原因で失敗していたと推測されるという。その1回目は1988年1月18日の失敗で、このときは原因不明のまま調査が終わっている。2回目は昨年5月16日に起きた失敗で、このときはRD-0214のターボ・ポンプと、RD-0213との接合部が破損したことによって異常振動が発生し、ガス・ジェネレーターの燃料配管が破損したために失敗したとされ、この当時は、その原因は製造ミスであったと結論付けられていた。
 ロスコスモスのアリクサーンドル・イヴァーナフ第一副長官は、タス通信の取材に対して、今回の失敗を含め、真の原因が特定できたのは、この昨年の失敗の後にロケットに追加装着されたセンサーのおかげであった、と語っている。同様のセンサーは昨年の失敗時にもロケットに装着されていたが、そのときはくだんのターボ・ポンプから離れた位置に装備されていたため、真の原因を特定するには至らなかったという。また、それ以前の失敗が、部品の取り付け間違いや燃料の入れ過ぎなど、製造上のミスや品質管理の問題で起きていたため、今回も同様の原因だろうという思い込みがあった、とも語られている。
 またロスコスモスの発表によると、調査を進める過程で品質管理に関する問題が、広い範囲で発見されたともしており、今後1か月以内に、それらの問題を解決する手段を講じるとしている。ただ、イヴァーナフ第一副長官は、あくまで今回の事故に関しては「設計上の欠陥」が原因であったとし、品質管理の問題や作業員の組み立てミスなどではなかったと強調している。
 ロスコスモスでは、今年6月にもプロトンMの打ち上げ再開日について発表したいとしている。
■РОСКОСМОС: НАЗВАНА ПРИЧИНА АВАРИИ РН «ПРОТОН-М»
http://www.federalspace.ru/21511/

 オススメ関連記事