Proton-M
Image credit: Roskosmos
 ロシア連邦宇宙庁(ロスコスモス)は5月16日、同日打ち上げられた「プロトンM/ブリーズM」ロケットに「異常事態が発生した」と発表した。ロシアのメディア各紙は打ち上げに失敗し、衛星などを積んだまま東シベリア南部に墜落したと報じている。
 プロトンM/ブリーズMはメキシコの通信衛星「メクスサット」(「センテナリオ」とも呼ばれる)を搭載し、バイコヌール現地時間2015年5月16日11時47分(2015年5月16日14時47分)に、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地の200/39発射台から離昇した。予定では9時間13分後に衛星を分離することになっていた。
 しかし、インターファクス通信やタス通信などの報道によると、ロケットの第3段に何らかの問題が起き、軌道速度が出せず、東シベリア南部に落下したとされる。
 詳しい状況、原因などについては、現時点ではまだ不明だ。
 プロトン・ロケットの打ち上げは、今年に入ってこれが3機目だった。また打ち上げ失敗は昨年10月以来のこととなる。プロトンは2000年代後半からはほぼ年に1機から2機のペースで失敗しており、例えば2014年は8機中2機が失敗、また2013年は10機中1機が、2012年は11機中2機が、墜落や、目的の軌道への衛星の投入失敗などの事故を起こしている。
■Информационное сообщение
http://www.roscosmos.ru/21490/

 オススメ関連記事