Soyuz TMA-16M
Image credit: Roskosmos
 ロシア連邦宇宙庁(ロスコスモス)は3月28日、ゲナディ・パダルカ宇宙飛行士、スコット・ケリー宇宙飛行士、ミカエル・コニエンコ宇宙飛行士の3名を乗せた「ソユーズTMA-16M」宇宙船の打ち上げに成功した。このうち、ケリー宇宙飛行士とコニエンコ宇宙飛行士の2名は、来年3月まで1年間にわたり、国際宇宙ステーションに滞在するミッションに挑む。
 ソユーズTMA-16MはソユーズFGロケットに搭載され、カザフスタン時間2015年3月28日1時42分(日本時間2015年3月28日4時42分)、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地の1/5発射台、通称「ガガーリン発射台」から離昇した。ロケットは順調に飛行し、約9分後に地球を回る軌道に投入された。
 その後ソユーズは単独で飛行を続け、打ち上げから約6時間後の日本時間10時33分に、国際宇宙ステーションのポーイスク・モジュールにドッキングした。
 ソユーズには、ゲナディ・パダルカ宇宙飛行士(ロスコスモス、ソユーズTMA-16Mのコマンダー)、スコット・ケリー宇宙飛行士(NASA、ソユーズのフライト・エンジニア)、ミカエル・コニエンコ宇宙飛行士(ロスコスモス、ソユーズのフライト・エンジニア)の3名が搭乗していた。国際宇宙ステーションには第43次長期滞在員としてテリー・バーツ宇宙飛行士(NASA、コマンダー)、アントン・シュカプレロフ宇宙飛行士(ロスコスモス、フライト・エンジニア)、サマンサ・クリストフォレッティ宇宙飛行士(欧州宇宙機関、フライト・エンジニア)の3名が搭乗しており、今回打ち上げられた3名が合流し、国際宇宙ステーションは6名体制での運用となる。
 先に滞在しているバーツ、シュカプレロフ、クリストフォレッティ宇宙飛行士の3名は、5月11日にソユーズTMA-15Mで帰還する。パダルカ、ケリー、コニエンコ宇宙飛行士の3名はその後も長期滞在を続ける。この3名のうち、パダルカ宇宙飛行士は第43次、第44次長期滞在員として6か月間国際宇宙ステーションに滞在し、今回と同じソユーズTMA-16Mで地球に帰還する。一方、ケリー宇宙飛行士とコニエンコ宇宙飛行士は第43次~第46次長期滞在員として、1年間にわたって滞在を続け、2016年3月にソユーズTMA-18Mで帰還する予定だ。
 将来、有人火星探査を行う場合、数年間も宇宙空間を航行する必要があるが、長期にわたって無重力(微小重力)環境にさらされた人間の体がどのような影響を、またなんらかの異常が発生するようなら、それはどうすれば防げるのか、といったことについては、まだわかっていないことが多い。また、ケリー宇宙飛行士には、マーク・ケリー氏という元宇宙飛行士の一卵性双生児の兄弟がおり、両者のDNAを比べることで、宇宙と地球上とでの変化の違いなども調べられるという。
 今回の1年間の宇宙滞在によって、有人火星探査など、何年も宇宙空間を航行しなければならないような宇宙探査の実現に役立てたいとしている。
 これまで宇宙に連続で滞在し続けた最長記録は、ロシアのワレリー・ポリャコフ宇宙飛行士が持つ438日間である。次点がロシアのセルゲイ・アヴデエフ宇宙飛行士の380日間、その次はウラジーミル・チトフ宇宙飛行士、ムサ・マナロフ宇宙飛行士が持つ365日間で、今回ケリー宇宙飛行士とコニエンコ宇宙飛行士による滞在が成功すれば、この記録に並ぶことになる。ちなみに、連続ではなく累計の場合の最長記録はロシアのセルゲイ・クリカレフ宇宙飛行士による803日間であるが、パダルカ宇宙飛行士は今回のミッションまでに710日間の記録を持っていることから、今回のミッション中にクリカレフ宇宙飛行士の記録を塗り替えることになる。
■Пилотируемый корабль «Союз ТМА-16М» успешно пристыковался к МКС
http://www.roscosmos.ru/21400/

 オススメ関連記事