ロシア、2017年から独自の宇宙ステーションを建造する可能性を検討

OKA-T=MKS
Image credit: RKK Energiya
 ロシアのコメルサント紙は11月17日、ロシアが2017年から独自の宇宙ステーションを建造、運用する可能性を検討していると報じた。
 記事によれば、現在ロシア政府とロシア連邦宇宙局(ロスコスモス)では、2020年以降の有人宇宙活動に関して検討を行っており、その中で、2020年に国際宇宙ステーション(ISS)への参加を止め、またその前段階として、2017年からロシア独自の宇宙ステーションを持つことも考えているという。
 この新しい宇宙ステーションは、軌道の高度がISSよりも高く、また軌道傾斜角も64.8度であるという(ISSは51.6度)。これによりロシア領内の上空を通過する頻度が増え、またバイコヌール宇宙基地だけではなく、プレセツク宇宙基地や、建設中のヴァストーチュヌィ宇宙基地からの宇宙船や補給船の打ち上げも可能になるとのことだ。
 新しいステーションのモジュールには、まず現在ISSの新モジュールとして建造中の多目的実験モジュール、愛称ナウーカと、同じくISSの新モジュールとして建造中のオーカT-MKSを使うという。つまりこれらをISSに結合させない、ということのようだ。
 米国は今年はじめ、ISSの運用を2024年まで延長したいと表明している。まだ正式に各国からの承認が得られたわけではなく、例えば日本は現在、態度を保留している状態だ。ロシアではドミートリィ・ロゴージン副首相がこれに答える形で「2020年以降はISSに参加しない」と反対の意を表明し、またロシア独自の宇宙活動を目指すべきと述べていた。今回の検討案は、このロゴージン副首相の意を汲んだものになる。また背景には、ウクライナ問題を巡る米露の対立もある。
 この新ステーションの構想はまだ検討段階であり、正式に決まったわけではない。ロスコスモスの副長官はタス通信に対し「われわれは様々なオプションを考えているが、時期尚早のオプションはメディアに対して伝えられるべきではない」と語ったという。
■Ъ-Газета – Русскоцентрическая орбита
http://www.kommersant.ru/doc/2612375

ページ上部へ戻る