Progress M-25M docking to ISS
Image credit: NASA/Reid Wiseman
 国際宇宙ステーション(ISS)への補給物資を搭載したプログレスM-25M補給船が10月29日、打ち上げから6時間後にISSへ到着した。
 プログレスM-25Mは、現地時間2014年10月29日13時9分(日本時間2014年10月29日16時9分)、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地から、ソユーズ2.1aロケットに搭載されて打ち上げられた。ロケットは順調に飛行し、約9分後にプログレスM-25Mは所定の軌道へと投入された。
 その後、太陽電池パドルや通信用アンテナなどの展開にも成功し、軌道を周回しつつISSへと接近していった。そして日本時間22時8分に、ISSのピールス(ピアース)・モジュールへドッキングした。今後、ISSに滞在している宇宙飛行士によって、船内の貨物の搬出作業が行われる予定だ。
 プログレスM-25Mは、ロシアのRKKエネールギヤ社が開発、製造した無人の補給船で、ISSへの物資輸送を担っている。打ち上げ時の質量は7,290kgで、そのうち補給物資として、2,350kgの水や食料、日用品、修理用部品、燃料などが搭載されている。
 今回の打ち上げでは、2つの新しい試みがなされた。1つ目は、これまでプログレス補給船の打ち上げを担ってきたソユーズUロケットに代わり、より新しいソユーズ2.1aロケットが使用された点だ。ソユーズ2は2004年から運用が始まった、ソユーズ・ロケットのシリーズの中でも新しい機体で、エンジンが改良されているほか、高性能なコンピューターや制御システムを搭載しており、打ち上げ能力と軌道投入精度が向上している。またソユーズUは部品の一部にウクライナ製のものを用いていたが、ソユーズ2.1aはすべてロシア製の部品で造られている点も大きい。ただその反面、機体の価格は上がっている。
 2つ目は、プログレスにASN-Kと呼ばれる新しい航法装置が搭載、使用されたことだ。ASN-KはGPSとGLONASSを利用した航法装置で、搭載自体は前号機のプログレスM-24Mが初めてであったが、このときはテレメトリーのみ送信するモードで運用され、実際の航行には使用されていない。
 なお、今回のASN-Kの動作に関する結果などは、現時点では発表されていない。ただ、予定通りISSに到着したことから、問題なく動作したものと思われる。
 また、ASN-Kを用いることで、現在よりもさらに短い、約4.5時間でのISS到着も可能になるとされる。その最初の試験は、来年2月に打ち上げ予定のプログレスM-26Mで試みられる予定となっている。
 またソユーズ2.1aによる打ち上げと、ASN-Kによる航法は、将来的に有人のソユーズ宇宙船にも導入される予定で、今回を含め、まず無人のプログレスに導入され、実証と評価が行われる予定だ。ただし、プログレスM-26MとプログレスM-28Mの打ち上げには、ソユーズUが使われることになっている。
写真=NASA。
■ФЕДЕРАЛЬНОЕ КОСМИЧЕСКОЕ АГЕНТСТВО (РОСКОСМОС) - ТГК «Прогресс М-25М» в составе МКС
http://www.federalspace.ru/21058/

 オススメ関連記事