Falcon 9 with legs
Image credit: SpaceX
 スペースX社は13日、今月16日に予定していた、ファルコン9ロケットによるドラゴン補給船運用3号機の打ち上げを延期すると発表した。新たな打ち上げ予定日時は3月30日、また予備日として4月2日が設定された。
 延期の理由について、スペースX社は「ミッション達成をより確実にするため、また未解決の事項に対処する時間を確保するため」としている。それ以上の情報は公開されておらず、延期の具体的な理由は不明だ。ただし、ファルコン9とドラゴンの状態は正常であるとされている。
 このミッションはCRS-3(Commercial Resupply Services-3)、もしくはSpX-3と呼ばれ、ファルコン9によってドラゴン補給船運用3号機を打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)に2,236kgの補給物資を送り届けることを目的としている。ISSを訪れるドラゴンとしては4機目、NASAとの商業契約に基づく補給ミッションとしては3機目となる。
■Commercial Resupply Launch | NASA
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/structure/launch/index.html#.UyOkRYW-oWk

 オススメ関連記事