Wake up, Rosetta
Image credit: ESA
 欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機ロゼッタが、31ヶ月に及ぶ冬眠を終え、いよいよ明日、再起動する。彗星への到着を目前に控え、目覚めの時が来た。
 ロゼッタはチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の探査を目的とした探査機で、現在は搭載機器を温存するため、2011年6月からほとんどの電源を落とし、「冬眠」した状態で飛行を続けている。ロゼッタは1月20日19時ちょうど(日本時間)に冬眠モードから自力で目覚め、その数時間後に地球との交信を試みる予定だ。
 ロゼッタは2004年3月2日に、仏領ギアナのギアナ宇宙センターから打ち上げられた。その約1年後の2005年3月4日に最初の地球スウィング・バイを実施、地球の万有引力を利用し軌道の方向を、そして地球の公転運動を利用して探査機のスピードを上げた。
 2007年2月25日には火星でのスウィング・バイを実施、同じ年の11月13日には再び地球をスウィング・バイした。2008年9月5日には、小惑星シュテインスの近くを通過し、簡単な観測を行った。続いて2009年11月13日、3回目にして最後の地球スウィング・バイを実施、さらにスピードを上げ、2010年7月10日には小惑星ルテティアの観測を行った。
 そして2011年6月8日、ロゼッタはほとんどの搭載機器の電源を落とし、「冬眠」に入った。
 冬眠から目覚めた後、ロゼッタは5月までかけてチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に近づいて行き、8月から本格的な探査が行われる。また11月には搭載している着陸機のフィラエを彗星表面に投下する予定だ。
 その後もロゼッタは彗星の周りを飛び、徐々に太陽に近づいて行く彗星の変化を捉え続ける予定だ。ミッション期間は2015年12月まで計画されている。
■Wake up, Rosetta! / Rosetta / Space Science / Our Activities / ESA
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Rosetta/Wake_up_Rosetta

 オススメ関連記事