長征二号丁ロケット、技術試験衛星「試験五号」を打ち上げ

CZ-2D launches SY-5
Image credit: 中国航天科技集団公司
中国航天科技集団公司は11月25日、技術試験衛星「試験五号」を搭載した長征二号丁ロケットを打ち上げた。
長征二号丁は北京時間11月25日10時12分(日本時間同日11時12分)、甘粛省にある酒泉衛星発射センターから離昇した。国営メディアは打ち上げは成功したと報じ、米軍のレーダーも軌道上に物体を捉え、成功が裏付けられた。
試験五号は宇宙技術の試験と、宇宙環境の観測が目的とされるが、多くの専門家は軍事目的の衛星であると推測している。
衛星の具体的な目的、搭載している機器については一切明かされていない。打ち上げられた軌道は高度739km x 755km、傾斜角97.99度の太陽同期軌道で、これは光学センサーや合成開口レーダーなどを搭載した、地表を観測、言い換えれば偵察する衛星に適した軌道である。また衛星バスに、地球観測衛星に用いられるCAST-100が使用されたといわれており、したがって試験五号は地球観測衛星、もしくは地球観測衛星用の新しい機器の試験を目的とした衛星であると思われる。
■试验5号卫星发射成功_中国航天科技集团公司
http://www.spacechina.com/n25/n144/n206/n214/c561227/content.html

関連記事

ページ上部へ戻る