シリウスFM-6搭載のプロトンMロケット、打ち上げ延期

Proton-M / Sirius-FM6 roll out
Image credit: Roskosmos
インターナショナル・ローンチ・サービシズ社は10月21日、同日行われる予定だった、通信衛星シリウスFM-6を搭載したプロトンMロケットの打ち上げを延期すると発表した。
原因は、ロケットの飛行や衛星の初期運用の際に使用される、地上局のネットワークに問題が発生したためとしている。
当初、新しい打ち上げ日時は、24時間後のバイコヌール現地時間10月22日0時12分(日本時間同日3時12分)に設定されていたが、現時点では10月25日以降へと再度延期されている。それまでロケットと衛星は発射台に立てられたまま待機となるとのこと。
今回のプロトンMの打ち上げは、今年7月の打ち上げ失敗以来2度目の打ち上げとなる。再開1号機の打ち上げは9月29日に行われ、搭載していたアストラ2Eを無事、予定通りの軌道へ送り届けている。
■PROTON LAUNCH OF SIRIUS FM-6 SATELLITE POSTPONED | International Launch Services
http://www.ilslaunch.com/newsroom/news-releases/proton-launch-sirius-fm-6-satellite-postponed

関連記事

ページ上部へ戻る