神舟十号の打ち上げ準備順調、6月中に打ち上げか

CZ-2F
Image credit: 中国載人航天工程网
 中国の有人宇宙船「神舟十号」の打ち上げに向けた準備作業が順調に進められている。中国有人宇宙プロジェクトの責任者は5月28日、神舟十号を6月から8月の間に打ち上げると正式に発表した。
 発表によると、5月23日に神舟十号の燃料注入作業が終了し、まもなくペイロードフェアリングに格納される見込みで、管制チームらも現在、酒泉衛星発射センター、北京航空飛行管制センターなどで打ち上げ準備作業を進めている。
 神舟十号は神舟宇宙船の10回目の打ち上げで、5回目の有人飛行となるミッションで、現在軌道上にある中国の宇宙ステーション「天宮一号」を訪れる最後の有人ミッションとなる。中国有人宇宙プロジェクトによると、3名の宇宙飛行士が搭乗する予定で、神舟九号の時よりもさらに応用的な飛行ミッションを実施する。
 過去の神舟ミッションの準備完了から打ち上げまでは2週間程度かかることから、神舟十号も6月中に打ち上げられると予想されている。なお、正式な打ち上げ日時や搭乗する宇宙飛行士の詳細は、中国有人宇宙プロジェクトが直前に発表する予定となっている。
 この写真は打ち上げに使用される長征2Fロケット。
■火箭整流罩合罩 “神十”発射備戦正酣
http://www.cast.cn/CastCn/Show.asp?ArticleID=44223

関連記事

ページ上部へ戻る