生物実験衛星ビオンM1、地球に帰還するも生物の大半が死亡

Bion-M1
Image credit: IMBP
 生物実験衛星ビオンM1が19日、ちょうど1ヶ月間の宇宙滞在を終え、ロシアのオレンブルク地域に着陸した。
 ビオンM1は先月19日に打ち上げられた衛星で、ネズミや魚などの生物を搭載しており、無重量や強い放射線といった過酷な宇宙環境に晒し、生物にどのような影響が出るかを調べることを目的としていた。
 しかし搭載されていた8匹のスナネズミと40匹の魚(ティラピアの一種)はすべて死亡、また45匹のハツカネズミは16匹しか生き残らなかった。15匹のヤモリと20匹のカタツムリ、その他微生物は生き残ったが、死亡率は5%ほどと予測されており、それを遥かに上回ってしまう結果となった。
 スナネズミの死亡は装置の故障によって酸素や食料、光や換気が提供されなかったために起き、また魚の死亡も水槽の故障によるものであるとされている。
 このような結果になったにもかかわらず、実験を主導するロシア生物医学問題研究所(IMBP)は「長年に渡って、有人飛行を含む、宇宙における生物実験の実績があるので、研究目的は達成できる。ミッションは成功と言える」としている。
 ロシアは2016年までにあと2回のビオンMの打ち上げを予定しており、今回発生した問題は、2号機で改良されることになろう。
■2013 may
http://biosputnik.imbp.ru/eng/news.html

ページ上部へ戻る