Launch of Atlas V 401 with GPS IIF-4
Image credit: USAF
 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス社は15日、全地球測位システム(GPS)を構成する衛星の一つ、GPS IIF-4を搭載した、アトラスV 401ロケットを打ち上げた。
 GPS IIF-4を搭載したアトラスV 401は、アメリカ東部夏時間5月15日17時38分(日本時間5月16日6時38分)、フロリダ州にあるケープ・カナベラル空軍ステーションのSLC-41から離昇、衛星を所定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。
 GPS IIF-4はカーナビなどでおなじみのGPS(グローバル・ポジショニング・システム)を構成する衛星の一つで、GPS IIFはGPS衛星シリーズとしては第4世代に当たり、また今回打ち上げられたのはその4号機となる。今回の打ち上げにより、現在軌道上にある運用可能なGPS衛星は31機となった。
 GPS IIFは前世代機と比べ搭載されている原子時計の正確さが上がり、より正確な測位が可能となっており、順次入れ替えが進められる。
 製造はボーイング社によって行われ、運用はアメリカ合衆国空軍が担当する。打ち上げ時の質量や1,630kgで、設計寿命は15年を予定している。
 今回の打ち上げに使われたアトラスVは401構成で、これは直径4mのフェアリング、ストラップ・オン・ブースターなし、セントール上段に使用されるRL10-A-4-2ロケットエンジンが1基のみ搭載ということを示している。
■GPS IIF-4 successfully launched from Cape Canaveral
http://www.af.mil/news/story.asp?id=123348762

関連記事

ページ上部へ戻る