0418antares.jpg
Image credit: Orbital Sciences Corporation
 オービタル・サイエンシズ社は、アメリカ東部夏時間4月17日17時(日本時間4月18日6時)に予定していたアンタレスロケットの1号機の試験打ち上げを延期した。
 打ち上げに向けた準備は順調に進められ、また芳しくないと予報のあった天候も徐々に好天になりつつあったが、打ち上げの12分前に、ロケットの第2段に接続されていたアンビリカル・ケーブルが予定より早く外れてしまい、打ち上げの延期が決定された。
 アンビリカルとは「へその緒」を意味し、ロケットの場合は機体に推進剤や電力、空調などを供給する配管、配線のことを指す。今回外れたのは電力のケーブルであったとされる。
 その後オービタル社は、早ければ48時間後のアメリカ東部夏時間4月19日17時(日本時間4月20日6時)に再度打ち上げを試みると発表した。
 しかし現在の予報では、19日の天候は今日以上に芳しくなく、強風と雷雨が予想されており、さらなる延期も考えられる。
■NASA – Orbital Sciences Launch
http://www.nasa.gov/exploration/commercial/cargo/orbitalsciences-index.html

関連記事

ページ上部へ戻る