NASAの火星探査車「キュリオシティ」、火星の岩に穴をあける

Test of Drilling on Mars
Image credit: NASA
 アメリカ航空宇宙局(NASA)は2月7日、火星探査車「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(MSL)=キュリオシティ」の振動ドリルを試験するため、火星の岩に穴をあけたと発表した。
 発表によると、この試験は「ミニドリル試験」と呼ばれ、火星の岩「ジョン・クライン」に対し、「キュリオシティ」の振動ドリルによる掘削作業が2月6日に行われ、その結果、幅約1.6cm、深さ約2cmの穴をあけたという。
 チームは今回の試験結果について評価し、もし問題がなければ、数日以内にも本格的な掘削作業を開始する予定だ。
 掘削対象に選ばれたのは「ジョン・クライン」は平坦な岩石で、浅い盆地「イエローナイフ湾」の内部に存在している。これまでの分析によれば、この岩石には様々な粒子が存在し、水の存在を示す証拠があるかもしれない。
 「キュリオシティ」は今後、振動ドリルを使ってこの岩石を本格的に掘削し、内部から粉末のサンプルを採取して、ふるいにかけて分析する予定。この分析は火星探査では初めての試みとなる。
 「キュリオシティ」は2011年11月に打ち上げられ、2012年8月に火星に着陸した。従来の火星探査車よりも大きく、計10種類の観測装置を搭載し、広範囲にわたっての探査活動ができる。また、太陽電池ではなく、原子力電池を用いることで、季節や砂塵の影響を受けずに活動することも可能だ。
写真=NASA。
■Preparatory Drill Test Performed on Mars
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2013-051

関連記事

ページ上部へ戻る