観測史上最大の接近、地球近傍小惑星「2012 DA14」が2月15日に地球最接近

Asteroid 2012 DA14
Image credit: NASA
 米航空宇宙局(NASA)のレポートによると、地球近傍小惑星「2012 DA14」は2月15日、月よりもはるか近く、静止衛星よりも内側、地球からわずか2万7680kmの距離まで接近する。これほど大きな天体がここまで地球に接近するのは、1990年代に観測を開始してから初めてだという。
 地球近傍天体プログラム事務局の発表よると、「2012 DA14」は直径約45メートルの球状の小惑星で、協定世界時間2月15日19時24分(日本時間2月16日4時23分)に、インド洋東部スマトラ沖上空で地球に最接近する。今回の接近について、NASAは「危機一髪」と表現しているが、地球に衝突する恐れはないとしている。
 また、今回の接近に伴い、NASAは2月16日から、ディープスペースネットワークのゴールドストーン局のアンテナなどを使って「2012 DA14」の追跡観測を行い、形や地形、軌道などを詳しく調査する予定。
写真=NASA。
■Asteroid 2012 DA14 – Earth Flyby Reality Check
http://www.nasa.gov/topics/solarsystem/features/asteroidflyby.html

関連記事

ページ上部へ戻る