星出彰彦宇宙飛行士、3回目の船外活動を実施

ISS
Image credit: NASA
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している、第33次長期滞在クルーのサニータ・ウィリアムズ宇宙飛行士と星出彰彦宇宙飛行士は11月1日、予定されていた船外活動を実施した。
今回の船外活動はアメリカ東部夏時間11月1日8時29分(日本時間21時29分)に始まり、両宇宙飛行士は船外活動用宇宙服(EMU)を着て、約6時間28分間にわたって作業を行い、15時7分(日本時間11月2日4時7分)に無事終了した。
今回の作業では、P6トラスの流体ラインの繋ぎ換えと予備のラジエータの展開作業、太陽電池パドル回転機構の確認作業などが行われた。
なお、今回の船外活動で、星出彰彦宇宙飛行士の通算船外活動時間が計21時間23分となり、日本人宇宙飛行士としては最長となった。
写真=NASA。
■NASA – ISS
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/living/index.html

関連記事

ページ上部へ戻る