中国、ベネズエラのリモートセンシング衛星を打ち上げ

Long March 2D
Image credit: CGWIC
中国長城工業集団有限公司は北京時間9月29日12時12分(日本時間13時12分)、甘粛省の酒泉衛星発射センターから、ベネズエラのリモートセンシング衛星「VRSS-1」を載せた「長征2号丁」(Long March 2D)ロケットを打ち上げた。
打ち上げられたロケットは順調に飛行し、衛星を所定の軌道に投入し、打ち上げが成功した。
「VRSS-1」はベネズエラ初のリモートセンシング衛星で、太陽同期軌道に投入され、ベネズエラの資源探査、環境保全、災害観測などに使用される。
今回の打ち上げは、2011年5月の中国とベネズエラとの契約に基づき、実施されており、中国が海外のためにリモートセンシング衛星を打ち上げのは今回が初めて。
なお、今回の打ち上げは長征ロケットシリーズにとって168回目の打ち上げだった。
■委内瑞拉遥感衛星一号
http://cn.cgwic.com/VRSS-1/index.html

関連記事

ページ上部へ戻る