星出彰彦宇宙飛行士を乗せたソユーズTMA-05M、打ち上げ成功

Soyuz TMA-05M
Image credit: RSC Energia
第32次/第33次長期滞在クルーのユーリ・マレンチェンコ宇宙飛行士、サニータ・ウィリアムズ宇宙飛行士、星出彰彦宇宙飛行士の3人を乗せたソユーズ有人宇宙船(ソユーズTMA-05M)は予定通り、バイコヌール時間7月15日8時40分(日本時間11時40分)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。
打ち上げられたソユーズFGロケットは順調に飛行し、ソユーズTMA-05Mは打ち上げから約9分後に地球周回軌道へ投入され、打ち上げが成功した。
ソユーズTMA-05Mはこのまま2日間地球を周回し、モスクワ夏時間7月17日8時50分(日本時間13時50分)に国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングする予定となっており、第32次/第33次長期滞在クルーら3人はISSで約4ヶ月間の長期滞在を行う。
今回は星出彰彦宇宙飛行士にとって2回目の宇宙飛行で、ISSで長期滞在する日本人宇宙飛行士としては4人目。また、日本人がソユーズ有人宇宙船に搭乗し、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられたのは4回目で、2011年6月の古川聡宇宙飛行士以来、約1年ぶり。
■July 15, 2012. Soyuz TMA-05M is in space!
http://www.energia.ru/en/iss/iss32/photo_07-15.html

関連記事

ページ上部へ戻る