カッシーニ土星探査機が撮影、衛星レアの最新画像

Rhea
Image credit: NASA

米航空宇宙局(NASA)は3月12日、カッシーニ土星探査機によって撮影された、土星の衛星であるレア(Rhea)の画像を公開した。

この画像は2012年3月10日、レアから約4万2000km離れた距離から、カッシーニのカメラによって撮影されたもので、加工もされていない。通常のフライバイに比べ、今回の接近飛行は比較的離れた距離のもので、レアのクレーターの撮影などが行われたという。

レアは土星の2番目に大きい衛星で、密度が低く、大半が氷でできていると考えられている。これまでの観測で、レアには酸素と二酸化炭素を含む薄い大気が存在していることも分かっている。

写真=NASA。

■Cassini Captures New Images of Icy Moon
http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/whycassini/rhea20120312.html

関連記事

ページ上部へ戻る