欧州補給機(ATV)3号機、打ち上げは3月23日に延期

ATV-3
Image credit: ESA

欧州宇宙機関(ESA)は3月5日、欧州補給機(ATV)3号機「エドアルド・アマルディ」の打ち上げについて、3月23日に延期すると発表した。

ATV3号機の打ち上げは元々3月9日に予定されていたが、搭載物を固定するためのストラップで緩みが見つかり、延期が決定された。ESAは今後、フェアリングを外し、ATV3号機の内部に作業員が入り、搭載物を固定しなおす作業を行う。

ATV3号機を載せたアリアン5ロケットの打ち上げは現地時間3月23日1時31分(日本時間13時31分)に予定されており、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングは3月28日に予定されている。なお、今回のATV3号機には、食糧や酸素、推進剤、実験ペイロードなど、計6トン以上もの物資が搭載されている。

ATVはロシアのプログレス補給船や日本の宇宙ステーション補給機(HTV)と同じように、ISSへの輸送を行う無人補給船である。非与圧部がないものの、積載能力はプログレスやHTVよりも多く、最大で 7.5トンに達する。また、HTVと同じように、ISSとドッキングした後、宇宙飛行士が中に入って作業することができ、プログレスと同じように、ISSの高度を上げるためのリブーストも実施できる。使用後は、最大6.5トンを搭載して、地球大気圏に再突入し破棄される。

■New target launch date for ATV-3
http://www.esa.int/export/esaCP/SEMSMI7YBZG_index_0.html

関連記事

ページ上部へ戻る