ソユーズロケット、次世代通信衛星6基を打ち上げ

Soyuz 2-1a
Image credit: Roscosmos

ロシア連邦宇宙局はモスクワ時間12月28日21時9分(日本時間12月29日2時9分)、グローバルスター(Globalstar)社の次世代通信衛星6基を載せたソユーズロケット(ソユーズ2-1a)を、バイコヌール宇宙基地から打ち上げた。

打ち上げられたロケットは順調に飛行し、打ち上げから約1時間40分後に、衛星をそれぞれ所定の軌道に投入し、打ち上げが成功した。

12月23日には上段エンジン「RD-0124」で構成されるソユーズ2-1bの打ち上げ失敗があったが、今回のソユーズ2-1aには上段エンジン「RD-0110」が使用されていたため、打ち上げに踏み切ったとみられる。

グローバルスターは同社が運営している衛星デジタル通信システムで、低軌道に40機の通信衛星を配置し、世界のほぼ全域をカバーできる衛星携帯電話や衛星通信サービスなどを提供している。

今回打ち上げられた次世代通信衛星はタレス・アレニア・スペース社(Thales Alenia Space)が開発・製造したもので、1基あたり重さ約700kg、耐用年数は15年。

■Космические аппараты ≪Глобалстар-2≫ выведены на заданную орбиту
http://www.roscosmos.ru/main.php?id=2&nid=18523

関連記事

ページ上部へ戻る