大マゼラン雲にあるタランチュラ星雲には太陽よりも大きな恒星が数多く敷き詰められた「R136」という散開星団があります。

この「R136」は、地球から約17万光年先に位置しており、数百万歳という若い星々が青白く輝いている活動的な星団です。この画像の撮影にはハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3「WFC3」の紫外線波長を始め、可視光・赤外線・Hα線のフィルターが用いられ、この様な幻想的で美しい天体として捉えることに成功しています。

この「R136」には、最低でも太陽の50倍の恒星が数十、太陽の100倍以上の大きさの恒星が9個発見されており、中でも最も大きな「R136a1」は太陽の250倍という観測史上最大の質量を持つ恒星。「R136a1」だけでも太陽の1000万倍という明るさを放っていますが、さらに9個の大質量星を合わせると3000万倍もの驚異的な光度であることも分かっています。

また、これらの恒星はより小さな恒星が集まってできた可能性があることや、猛烈なスピードで質量を失っていること、いずれはブラックホールになる可能性が指摘されています。 

Image Credit:ESA/NASA, ESO and Danny LaCrue

R136 observed with WFC3
R136 observed with WFC3
ページ上部へ戻る