全米で大ヒットしたドキュメンタリー映画『アポロ11 完全版』が7月に緊急公開

月面着陸から今年で50周年。アメリカ公文書記録管理局とNASAにより発掘された超秘蔵映像と音源を4Kリマスター映像で描くドキュメンタリー映画『Apollo 11』の邦題が『アポロ11 完全版』に決定し、7月19日(金)より109シネマズ二子玉川などで緊急公開されます。

アポロ11号の月面着陸から今年で50周年を迎える2019年夏。新たに発掘された、70㎜フィルムのアーカイブ映像11,000時間以上もの音声データを基に制作され、あえてナレーションやインタビュー映像を入れず、当時の映像と音声のみで構成され、臨場感や緊迫感を演出。ロケットの発射前から、月面着陸、そして地球生還までの9日間を詳細に捉えています。4Kリマスター化された映像は、50年前のものとは思えないほどの内容となっています。

data-full-width-responsive="false">

なお、この作品は2018年3月に全米で公開されたもので、科学館・博物館限定で公開される「アポロ11:ファーストステップ版」は本作を再編集した短尺版となるとのことです。

Image Credit:株式会社スター・チャンネル / 2019 MOON COLLECTORS LLC

ページ上部へ戻る