XRISMプロジェクトにおいてJAXAとESAが協定。主要装置の開発に貢献

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、ESA(欧州宇宙機関)とX線分光撮影衛星「XRISM」に関する協力に同意し、現地時間6月14日に協定を締結しました。

XRISMプロジェクトは、2021年度打上げを目標に開発中であるJAXA宇宙科学研究所の、「すざく(ASTRO-EII)」「ひとみ(ASTRO-H)」に続く7番目のX線天文衛星計画です。2016年に運用を断念した「ひとみ」のミッションを引き継ぎ、「宇宙の構造形成と銀河団の進化」「宇宙の物質循環の歴史」「宇宙のエネルギー輸送と循環」を研究するとともに「超高分解能X 線分光による新しいサイエンス」を目的としています。

また、今回のESAとの協力締結では、XRISMに搭載する予定の主要ミッション機器である「軟X線分光装置 (Resolve)」「軟X線撮像装置 (Xtend)」の内、ESAは「軟X線分光装置 (Resolve)」 の一部の開発に貢献するとしています。

XRISMプロジェクトに関する詳細は、特設サイト(http://xrism.isas.jaxa.jp/)を参照してください。

Image Credit:JAXA
http://www.jaxa.jp/topics/2019/index_j.html#news14769
※記事後半部分のESAとの協力締結の記載部分の表現を修正いたしました(6/21)

ページ上部へ戻る