高校生団体が挑戦する完全自作の「移動式天文台」 クラファンで改良プロジェクトを発足

Sponsored Link

高校生が立ち上げた市民活動団体「名取天文台」が、2019年4月17日よりクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて、プロジェクトを発足しました。

名取天文台は、イベントを行うことを活動の主軸として、子供たちに体験を通じた学びを提供する、完全自作のレンズ式プラネタリウムを活用した移動式天文台。世界中どこでも時間帯に関係なく約8000の星を映し出すことのできるプラネタリウムは、車に積んで運ぶことが可能です。また、「プラネタリウム設計」「制御プログラム」「回路設計」「部品製作」「組み立て」をはじめ、イベント運営や広報、会計などすべて高校生が行っています。

プラネタリウムドーム

Sponsored Link

2019年1月の開催した初イベントでは約450名が来場。その際に、投影機の設置に時間がかかる事や、投影した星の座標が一部異なっている事など、多くの課題が見つかりました。今回のクラウドファンディングでは、集まった資金を「投影機の改良に必要な材料や工作機械」に充てるとしています。

プロジェクトの詳細やリターンに関しては、CAMPFIREのプロジェクトページ(https://camp-fire.jp/projects/view/144465)を参照してください。

 

Image Credit:名取天文台
https://www.value-press.com/pressrelease/220537

ページ上部へ戻る