SUGOプロダクト株式会社は、クラウドファンディングサイトにて「小型人工衛星に支援者のメッセージや夢を乗せてロケットで宇宙へ送り出す」プロジェクトを開始しました。

本プロジェクトは、2019年秋の打ち上げスケジュールに合わせて小型人工衛星を開発し、支援者のメッセージカードやアイテムを搭載して、アメリカのリターン型ロケットで宇宙へ打ち上げます。人工衛星は空間放出せず、ロケットと共に地上に帰還。宇宙から帰ってきた支援者の各アイテムは個々に返送されます。

使用される小型人工衛星は自社開発の1U Cubesat(10cm×10cm×10cmサイズ)で、リターン型ロケットはEx aero社製ですが詳細情報はプロジェクト達成後に支援者に通知されるとのこと。

また、SUGOプロダクトは、以下の特徴を掲げています。

1:誰でもロケットや宇宙船にメッセージやアイテムを載せて宇宙へ送り出すことが可能になります。
2:民間小型ロケットを利用することによりリーズナブルな価格が可能になります。
3:リターン型ロケット/人工衛星の利用で、メッセージやアイテムに宇宙旅行をさせることができ、モノによる疑似宇宙旅行が可能になります。

今回のプロジェクトの目標金額は250万円。集まった支援金は、小型人工衛星の開発・製造費、ロケット搭載打ち上げ費用に使用されます。
なお、宇宙に送る「メッセージカード」は10,000円コースから、「髪や爪などのアイテム」は100,000円コースとなっています。

 

Image Credit:SUGOプロダクト株式会社
https://astraxexpress.wixsite.com/express

 オススメ関連記事