茨城県は、県内での宇宙ベンチャー等の創出や県内企業の宇宙ビジネス分野への新規参入を促進するため「いばらき宇宙ビジネス創造拠点」の形成を図るため、宇宙ビジネスを開始する事業者に対し補助を行っています。

今回で2回目となる平成31年(令和元年)度の受付開始は、4月1日(月)〜5月10日(金)までとなっており、茨城県内を活動拠点とする宇宙ビジネス関連事業を行っている、またはこれから開始する企業・団体・個人向けの補助金制度となります。

補助金額は、「展示会への出展等販路開拓に係る費用補助」や「衛星データを活用したソフトウェア開発費の補助」は最大で400万円が交付されます。また、「研究機関等の試験設備の利用料補助」に関しては最大で80万円で、県外の施設も対象となります。

申請に関する条件や採用枠数などがありますので、詳細情報は「平成31年度いばらき宇宙ビジネス支援事業(補助金)のご案内」(https://www.pref.ibaraki.jp/sangyo/kagaku/kokusai/space-h31hojyokin.html)を参照してください。

※画像は、「いばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクト」発表会(平成30年8月27日)の物です。

Image Credit:茨城県

 オススメ関連記事