連星系の質量剥ぎ取りから超新星まで

1993年に観測された超新星「SN 1993J」は、おおぐま座の方向1100万光年先に位置する渦巻銀河「M81」の中で発見されました。

この画像は、赤く燃え上がるように見える赤色巨星の超新星前駆星(左)と、その前駆星から太陽質量の約10倍の水素外層を剥ぎ取っている青い伴星(右)の様子を描いたものです。

data-full-width-responsive="false">

ESAが2017年10月にYouTubeで公開した動画では、連星系であった2つの星の相互作用による剥ぎ取り現象がどの様に行われ、超新星となったのかをシミュレート。250年にも渡る水素外層の剥ぎ取りを約26秒の動画に収めています。BGMが少々不気味なのですが、超新星爆発までの250年間を数十秒で把握することができます。動画は超新星爆発直後までですが、その残骸がどの様な天体に進化していくのか想像をかきたてられますね。

なお、非常に明るい超新星であった「SN 1993J」は、発見当時はII型超新星と認識されましたが、徐々にIb型超新星の特性へ変化していった為、IIb型超新星に分類されました。

Image Credit:ESA and Justyn R. Maund (University of Cambridge)
https://spacetelescope.org/images/heic0401a/

ページ上部へ戻る