ブリヂストン、有人月面探査車のタイヤを開発へ。JAXAとトヨタの国際宇宙探査ミッションに参画

株式会社ブリヂストンは、JAXA(宇宙航空研究開発機構)とトヨタ自動車株式会社の挑戦する「国際宇宙探査ミッション」に参画することを発表しました。

国際宇宙探査ミッションは、JAXAとトヨタが「人類の活動領域の拡大」と「知的財産の創出」を目的に3月に発表したもの。その第一弾として、「燃料電池車(FCV)技術を用いた月面での有人探査活動に必要な『有人与圧ローバ』」について、ブリヂストンは月面を走破するためのタイヤ(接地体)の研究を推進。

接地体モックアップ

月面で接地体が果たすべき4つの役割り「重量を支える」「駆動力・制動力を伝える」「方向を転換・維持する」「路面変化に追従する」を実現するしなやかで強靭な接地体の開発に挑戦することで、本ミッションに貢献していくと報じています。

 

Image Credit:ブリヂストン/JAXA/トヨタ自動車
https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2019041101.html

ページ上部へ戻る