GITAIとJAXAが共同研究実施。「きぼう」模擬フィールドで遠隔操作ロボットの作業実験

宇宙ステーション向け遠隔操作ロボットを開発するGITAIとJAXA(宇宙航空研究開発機構)は年度末を期限とした共同研究を締結したことを発表しました。国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟において宇宙飛行士の作業を代行する遠隔操作ロボットの適用性などを評価するための共同研究といいます。

2018年12月には、JAXA筑波宇宙センターにある「きぼう」日本実験棟模擬フィールドで、JAXAが提供した宇宙飛行士の作業一覧を基に、遠隔操作ロボット「GITAI」を用いた作業実験を実施しました。その結果「GITAI」は18個中13個の作業に成功。課題の72%をクリアしたことになります。

なお、GITAIとJAXAは今後、技術検討や実証実験を実施する予定となっています。

 

Image Credit:GITAI
https://prtimes.jp/a/?f=d42239-20190320-1301.pdf

ページ上部へ戻る