2.6万円で買えるWin10ノートPC「HeroBook」が日本発売

Sponsored Link

中国深センのメーカー「CHUWI」は、薄型ノートPCの新機種「HeroBook」をAmazonで販売開始しました。

14.1型のサイズに合わせた、キーピッチ17mmでキーストローク3mmの「フルサイズキーボード」と、5.75型の「ウルトララージタッチパッド」を備え、基本的なスペックを網羅しつつ、Windows10を搭載して、26,500円(税込・送料込)という驚きの価格。ネットの閲覧や文字入力に優れ、文章をよく書く人用のサブノートPCとして良さげです。また、14インチで1.6kgと持ち運びも可能なサイズです。

また、搭載されているCPUの「Atom x5-E8000」は、激安WindowsPCに搭載され、賛否両論の性能で世間をお騒がせした「Atom x5 Z8350」と同じCherry Trail世代のATOMシリーズ。Cherry Trail世代は2016年に発表されたものですが、以降新型の発表が中々みられず足踏みをしている少々残念なシリーズでもあります。

x5-E8000は、既存クロックこそ1.0GHzと低いものの最大2.0GHzの動作で、x5 Z8350より少々良好なベンチマーク結果を出しています。リッチコンテンツの閲覧や同時作業の苦手なATOMですが、目的を絞ることができていれば、一般的な操作に関して大きな問題はありません。

また、メモリは最低限の4GBでストレージは64GBですが、低価格でこの基本構成は良いですね。ストレージに関しては、128GBまで対応のmicroSDスロットと、512GBまで対応のSSD拡張スロットも搭載しているため、後からでも容量の問題は解消できそうです。

Sponsored Link

HeroBook」は総合的に見ても、価格以上の要素を搭載しています。プライベートでも仕事でも文章を日々書く方であれば、サブノートPCとして1〜3年を目安に使い倒す気持ちで購入検討しても良いかもしれませんね。

 

【HeroBook製品スペック】
・本体サイズ:317 x 215 x 15.9(高さ)mm
・重量:1668g
・CPU:インテル Atom x5-E8000 (1.04GHz-2.0GHz/4コア/4スレット)
・メインメモリ:LPDDR3 4GB
・GPU:インテル HD グラフィックス Celeron N300
・解像度:1366×768ピクセル
・バッテリー:7.4V/38Wh
・接続ポート:Mini HDMI x 1、USB 3.0 x 1、USB 2.0 x 1、DC x 1、3.5mmイヤホンジャック x 1、M.2 スロットx 1、Micro SD x 1
・カメラ:30万画素
・Wi-Fi:802.11b/g/n
・Bluetooth:Bluetooth 4.0
・OS:Windows 10 Home インストール済み

 

CHUWIは、中国深セン発のノートPC/タブレット端末メーカー。現地で既に発売されているタブレットやノートPCは低価格で性能が高く、質感も良いことから日本のガジェットマニアも以前から注目しています。

また、CHUWIは、日本進出をアナウンスする以前の2017年末頃から技適マークを取得するなど、着実に準備を進めていた様子。そして、2019年3月に日本のクラウドファンディングサイトで開始されたCHUWIのAndroidタブレットのプロジェクトは、開始から約10日間で1000万円を超えるなど好評ぶりが伺えます。

Image Credit:CHUWI INNOVATION LIMITED.

ページ上部へ戻る