調和した領域に共存する大小の星々

Tellus

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた、かじき座の方向約15万光年先にある星形成領域「LH 95」は大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud:LMC)の中にあります。

漆黒の宇宙に広がる「青」と、散りばめられた「黄」が特徴であるこの画像は、掃天観測用高性能カメラ「ACS」の可視光と赤外線波長を用いて撮影され、2006年8月に公開されました。

「LH 95」は、目立つ大質量星と無数に存在する低質量星との間で調和が取れている中間的なサイズの星形成領域。青く分布された星雲は「LH 95」の若く青い星の強力な紫外線によって電離した水素が光って見え、美しい青色をデザインしています。

また、デジタイズド・スカイ・サーベイ(Digitized Sky Survey:DSS)が公開した画像では、青色の星雲部分を取り払う撮影方法がとられています。大質量星と低質量星の詳細を丸裸にした「LH 95」を眺めることができます。

なお「LH 95」を含む大マゼラン雲は、その見た目の美しさから多数の宇宙関連グッスに採用されているのを見かけます。

 

Image Credit:Davide De Martin (ESA/Hubble), the ESA/ESO/NASA Photoshop FITS Liberator & Digitized Sky Survey 2
https://www.spacetelescope.org/images/heic0607b/
https://www.spacetelescope.org/images/heic0607d/

ページ上部へ戻る