「はやぶさ2」2月22日にタッチダウンを実施。リュウグウ表面へ

JAXAは、2月6日に行われた記者説明会にて、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」へのタッチダウン2月22日8時頃に行うことを発表しました。

タッチダウンが行われる場所は、付近の岩が60cm以下と確認されている「L08-E1」領域。既に投下済みの「TM-B」をターゲットマーカーとし、ピンポイントタッチダウンを実施します。

タッチダウンのスケジュールは、日本時間2019年2月22日 7時頃に降下開始の可否を判断8時頃にタッチダウン開始し表面からサンプルを回収し「リュウグウ」表面から上昇します。また、8時20分頃には探査機状況を確認し、10時間後の18時半にはホームポジションに復帰する形で進められます。

赤い部分がタッチダウン予定位置

上の「L08-B1」領域は広いが岩が60cm前後ある

なお、タッチダウン当日には、前後1時間程度のWEB番組を配信することも予定されています。

 

Image Credit:JAXA
■ 小惑星探査機「はやぶさ2」 記者説明会(2019年2月6日版)
http://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/files/20190206_hayabusa2.pdf

ページ上部へ戻る